水まわりリフォーム

快適でデザイン性に優れた水まわりの実現

お風呂やトイレ、キッチンなどの水まわりに関するリフォームなら、神奈川大和市の「トラストホーム」におまかせください。オシャレで快適な空間づくりのお手伝いをします。古い建物などの場合は鉄管自体が劣化しているケースも多く、塩ビなどを使ったリニューアルがおすすめです。こうしたトータル的な提案も差し上げられますので、現在の水まわりにお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

お風呂の“お悩み”をリフォームで解決!

5-1

「お風呂が寒くて入るのがおっくう」
「浴槽の掃除がいつも大変で困っている」
「おじいちゃん、おばあちゃんも安心して入れる浴室にしたい」

1日の疲れを癒やすお風呂は、ゆったりリラックスできる場所でありたいもの。しかし、古いものは断熱機能が弱く、とくに最初に入るときには「ひやっ」とした嫌な感触があります。また、メンテナンス性やバリアフリーなども気になるところ。こうしたお悩みは、お風呂リフォームで解決できます!

お風呂リフォームのポイント
いつでも温かいお風呂に 暖房機能や保温性の高い浴槽へのリフォームで、最初から温かいバスルームを実現しましょう。高齢者に多いヒートショックのトラブルも防止できますので、安全性の向上にもつながります。
お手入れをもっと楽ちんに 耐水性の高いユニットバスなら、簡単にお掃除ができるので手間いらず。さらに、カビやシロアリのリスクも抑えられ、いつまでも清潔で安全なバスルームを維持できます。
高齢者も安心の浴槽に 浴槽での高齢者の転倒事故を防ぐためにも、リフォームは有効です。例えば床を滑りにくい素材に替えたり、手すりを付けたり…… 家族全員が安心できるお風呂をつくりましょう。

トイレの“お悩み”をリフォームで解決!

5-2

「温水洗浄便座を導入したい」
「トイレの内側の汚れ・カビがひどい」
「バリアフリー設計で誰でも使いやすくしたい」
「トイレを節水したい」

トイレは、お家の中でもとくに汚れが気になる場所のひとつ。そのため、常に清潔を保ちたいものですが、その分お手入れも大変です。また、快適さや機能性も改善したいとお考えの方も多いでしょう。当社なら、このようなご希望をしっかりと踏まえたトイレリフォームが可能です。いつもキレイで快適なトイレを実現しましょう。

トイレリフォームのポイント
機能性を踏まえたリフォーム たとえば便器の自動洗浄機能や、抗菌・防汚といった機能の付いた便器に取り替えれば、メンテナンス性は大きく向上します。また、温水洗浄便座を導入すれば、より快適な使い勝手になるでしょう。
安心・安全で使いやすいトイレ 段差をなくす、手すりの設置などのバリアフリー化は、トイレでのトラブルを防止してくれます。また、和式トイレから洋式トイレに変更すると、足腰の負担を減らすのに役立ちます
トイレから節水を 古いタイプの便器に比べて、新しいモデルはほとんどが節水の機能を備えています。同じ多く水を使うお風呂等ですと、シャワーの使用時など、ストレスを感じることも有りますが、トイレでは不自由を感じることなく節水が出来るので、経済的にもオススメです。
もっとオシャレなデザインを タンクのないスタイリッシュなタイプのトイレに替えたり、壁やフローリングをお好みのものにしたりできます。毎日使うトイレを、もっとオシャレで快適に変えてみましょう。

お風呂の“お悩み”をリフォームで解決!

5-3

「収納が足りなくてすぐ散らかってしまう」
「いつもピカピカなキッチンを維持したい」
「自分の身長に合っていないから使いにくい」

毎日のように家族の食事を作るキッチン。使い勝手やお手入れのしやすさに不満を持たれている方も多いでしょう。大切なのは、自分に本当に合ったキッチンとはどんなものなのか?をはっきりさせること。当社がお客様に最適なキッチンリフォームをお手伝いします。

キッチンリフォームのポイント
作業効率アップに向けたリフォーム 動線の確保や調理器具のレイアウト、十分な収納スペースは作業効率向上に大きく関わります。利用できる面積にもよりますが、いかにご自身が使いやすいかを考えたキッチンリフォームを目指しましょう。
機能性アップで調理を楽しく 最新のシステムキッチンなら、毎日のお料理がもっと便利に楽しくなります。IHクッキングヒーターやディスポーサー、食器洗い機など、ご自身に必要な機能が付いたものを選んでください。
身体に合わせたキッチン選び 台所を利用することが多い方の身長に合わせてキッチンを選ぶのは非常に大切です。足腰への負担も少なくなり、調理へのストレスも軽減できます。
キッチンレイアウトの種類
オープン型 セミオープン型 クローズド型
キッチンをダイニングやリビングの一部として取り付けるタイプです。開放感があり、家族とのコミュニケーションも増えますが、キッチンのニオイが居住スペースに広がりやすいというデメリットがあります。 オープン型同様、ダイニングやリビングとキッチンを同居させつつ、部分的な仕切りでスペースを確保するタイプです。居住スペースに目を配りつつ、来客からの視線は適度に遮断できるというメリットがあります。 いわゆる独立型キッチンのことです。調理中の煙やニオイ、音がダイニングやリビングに伝わらないのがメリットですが、その分家族とのコミュニケーションが減ってしまう可能性も。集中して料理をしたい方におすすめです。
Pick Up!リフォーム後もお手入れは欠かさずに
水まわりはお家の中でも比較的、老朽化のスピードが早くトラブルが起こりやすい場所といわれます。そのため、リフォーム後のきれいで快適な状態を維持するために、しっかりとメンテナンスを行うようにしましょう。とくに排水関係は詰まることも多いため、定期的な清掃を行ってください。

お問い合わせ

株式会社トラストホーム

Copyright(c) 株式会社トラストホーム All rights reserved.

トップへ戻る